本文へ移動

野菜栽培ポイント集

Q.サツマイモができない?

A。つるや葉がしっかりしているのに、掘りあげてみると芋が出来ていないことがありますが、ほとんどがツルぼけという現象で葉や茎が茂りすぎて芋に養分がいかない事が原因です。本来は根を肥大させるために光合成で作り出される養分が、葉や茎の成長に使われてしまうためにおこります。
サツマイモはもともと痩せ地でもよく育ちます。元肥にチッソ肥料が多い場合や、前作の残肥によるばあい発生しやすいです。
また、ツルの途中から根が出て養分が分散される場合や、曇雨天が続いて排水不良になったり、土壌の水分過剰で徒長気味に生育した時もなりやすいです。
対策は日当たり水はけの良い場所を選び、高畝にします。元肥はカリとリン酸を主体とした肥料を施し、前作の残肥が考えられる場合は無肥料とします。
ツルが茂ってきたら何度かツルを持ち上げ裏返して畝に乗せる、ツル返しをすることで、不定根に養分が分散されるのを防ぎ、芋をしっかり太らせることが出来ます。葉や茎が茂りすぎてしまい、ツルぼけが激しい場合、リン酸やカリだけの肥料を葉面散布して、相対的にチッソの肥効を抑える方法もあります。

キュウリの栽培ポイント

支柱(ネット)栽培 
☆ 親づるの第5節までの側枝を排除し、1.8〜2.0メートルくらいの高さで摘芯。
☆ 水が好きなので乾燥には要注意。

☆ 追肥は、収穫が始まったら即効性の化成肥料を株元から約30cm離し、少量を数回に分けて施肥。
☆ 高温多湿の梅雨時期は、うどんこ病・べと病や害虫に要注意。

  ※ いぼ無しキュウリの「フリーダム」、いぼ有りキュウリの「味さんご」はいかがですか!
  

ナスの栽培ポイント

☆ 一番花のすぐ下のわき芽が強い性質がある為、主茎以外にわき芽を2本残し
  他は早めにかき取り3本仕立てにする。
☆ 乾燥には要注意。
☆ 高温多湿の時期は、かび病・うどんこ病や害虫には要注意。
☆ 追肥は、収穫が始まったら即効性の化成肥料を株元から約30cm離し、少量を数回に分けて施肥。
                                             

トマトの栽培ポイント

☆ わき芽は早めに摘み取って、中心の茎だけを伸ばし、1本仕立てにする。
☆ 実の着きを良くする「トマトトーン」を使用すると収量が増えます。
☆ 多湿時期は、灰色かび病・疫病や害虫には要注意。
☆ 追肥は、やり過ぎに注意し、成長に応じて即効性の化成肥料を
  株元から約30cm離し、少量を数回に分けて施肥。

ピーマン(パプリカ)の栽培ポイント

☆ ナス同様に一番花のすぐ下のわき芽が強い性質があるので主茎
  以外にわき芽を2本残して、他は早めにかき取り3本仕立てにする。
☆ 枝が弱いため、折れやすいので支柱で固定する。
☆ 日当たりの悪い所での栽培は、収穫量が減り落果の原因になる。

スイカの栽培ポインント

★ スイカは、夏の風物詩には欠かせない野菜です。
  採りたてのスイカは、甘さとみずみずしさが格別です。
  是非、”成功させましょう”
☆ 人工授粉は、着果を良くさせるのに欠かせない。
  高温時、花粉は急激に受精能力が低下するので
  早朝に行うことがとても大切です。
☆ 交配日から30〜35日が収穫の目安。 

ネギの栽培ポイント

苗の植えつけは春(3月中旬〜4月下旬)か夏(7月上旬〜8月上旬)。

深植えにするので、土壌の性質が著しく生育、収穫量に影響します。軟白部をより長くおいしく育てるには、通気性、水はけ、保水性がよく、土寄せしたときに土崩れしにくい土壌であることが大切です。

 連作障害は少ないですが、できれば1〜2年、あけた方が生育がよくなります。

タネまきは、3月下旬〜4月上旬(春まき)か9月上旬〜10月下旬(秋まき)にします。

 苗床として、幅50〜60cmの平畝をつくるために、植えつけの2週間前までに、苦土石灰を1m2当たり200gを畑全体に散布して、よく耕します。植えつけの1週間前、1m2当たり堆肥2kgと粒状肥料を1m2当たり200g施します。その1週間後に畝を立て、10cm間隔に深さ1cmほどのまき溝をつくり、1cm間隔にタネをまいて覆土します。

 発芽したら3cm間隔に間引きます。草丈が10cmほどになったら土寄せを行い、液体肥料か、液体肥料を500倍に薄めて、1週間間隔で2〜3回追肥します。さらに草丈が30cmほどになったら、同様に追肥と土寄せしましょう。

 草丈が40〜50cmになったら、苗の植えつけ適期です。


植えつけは、春(3月中旬〜4月下旬/秋まきのもの)か夏(7月上旬〜8月上旬/春まきのもの)購入した苗、あるいはタネから育てた苗を用意します。畑や菜園は、植えつけ用の深い溝をつくるために、耕しません。

 幅90〜100cmの区画をとり、中央に幅15cm、深さ20〜30cmの溝を掘ります。ネギの軟白部の長さは、この溝の深さが勝負になります。

 次に、溝の壁に、苗を5cm間隔でまっすぐに立て、根の部分を土で軽く押さえます。根元にワラを、先端が互い違いになるようにしてたっぷりとかぶせ、苗を安定させます。苗の植えつけ後、水やりは不要です。

 

水やり

 

 葉がぐったりとしおれない限り、水やりは不要です。

 

追肥・土寄せ

 植えつけの2〜3週間後から収穫の1カ月前まで、4回程度に分けて土寄せします。1回目の植えつけ後2〜3週間後、苗が根づいたら、苗の植えつけ時にかぶせたワラの上に、粒状肥料を1m2当たり200g、パラパラと均一にまきます。さらに苗の分かれ目ぐらいまで、土をかぶせます。

 以降、月1回に同様に土寄せします。最後の土寄せは、5月頃(秋まき、翌春植えの場合)、10月頃(春まき、夏植えの場合)です。収穫はその1カ月後が目安です。


軟白部が40〜50cmになったら収穫できます。埋めた溝の部分を掘り起こし、反対側からも同様に掘って、長ネギを引き抜きます。

☆ さび病
  初期症状として表面にオレンジ色の小斑点がでる。
  激発すると全体がさび色に覆われ被害部は枯死する。

 ※ 病気以外に害虫発生の時期ですので、予防剤・治療剤等何でも
   お気軽にご相談ください。

トウモロコシの栽培ポイント

★ 夏の人気者「トウモロコシ」
   収穫して時間と共にみるみる味が低下してしまいます。
   是非、”採れたての味”を堪能してみてはいかがでしょうか。

☆ 雄穂が出てくる時期に、害虫「アワノメイガ」の予防を
  徹底することで食害にあわず良い実が出来ます。
   
  ※ 害虫予防等、何でもお気軽にご相談ください。 

◎トウモロコシの播種時のポイント!!

1、十分な地温を確保して下さい。(発芽適温15度〜25度)
  15度を下回りますと極端に発芽や揃いが悪くなることがあるので、
  早めにマルチ、トンネルなどの圃場準備を行い、十分な地温を確保して下さい。

2、複数粒まきを推奨します!!
  1穴あたりに複数粒播きすることにより、初期生育の勢いが出やすくなります。 
  また間引きにより苗揃いが向上し、作業の効率化が期待できます。

3、水分過多に注意!!
  過剰な土壌水分は発芽不良の原因となります。
  排水不良の圃場では高畝にするなどの排水対策が効果的です。

4、播種時の天候に注意!!
  播種後の雨が地温低下や立枯病の原因になることがあります。
  天気予報を確認のうえ、播種日を計画しましょう。     
  

ラッキョウ栽培

ラッキョウは寒さに強く、土壌の適応性も広いため、全国各地で栽培が出来ます。病害虫の発生も少なく育てやすい野菜です。
鱗茎と呼ばれる球を植えつけますが、収穫まで約1年かかるので栽培する場所に注意しましょう。
収穫は翌年の6月ごろで、ラッキョウを若取りしたものを日本ではエシャレット(エシャロット)と呼んでいます。本来のエシャレットは、玉ねぎの一種です。
また、1年目に収穫せず、そのまま畑に残して2年目以降に収穫すると、小粒のラッキョウをたくさん収穫することが出来ます。

・土づくり、畝立て
  1?当たり苦土石灰100gをまき、30cmくらいまで深く耕しておく。植えつけ1週間前には、1?当たり完熟たい肥1〜2Kg、化成肥料(8−8−8)80gをまき、土とよく混ぜる。1条植えの場合は畝幅60cm、2条植えでは80cm、いづれも高さ10cmほどの畝を立てる。

・植えつけ
  種球は、20cm間隔で2球づつ、球根の先端がわづかに見えるくらいの浅植えにする。2条植えの場合は、条間を40cm確保する。

・追肥
  芽が出たときと、翌年2月ごろの計2回、1?当たり化成肥料を50gほどまいて土寄せする。

・収穫
  葉が枯れて、晴天が続いた時にスコップなどで土を掘ってから収穫する。

※エシャレット(若どりラッキョウ)の栽培方法
  ふつう栽培と同じように植えつけます。植えつけの2か月後から、20日に1回のペースで2回ほど化成肥料(10-10-10)40gを追肥します。追肥後、葉鞘を軟白するために株元に10cmほど土寄せし、葉が柔らかい11月〜翌年4月に収穫します。

◎ラッキョウの利用方法
  漬物(塩漬け、甘酢漬け)
  きれいに洗ったラッキョウ1Kgに対し、塩100gの割合で塩漬けにします。2週間ほどして発酵してきたら、一昼夜流水で塩抜きし、自分好みの濃さの塩水や甘酢などで漬け直します。

プチヴェール栽培(緑)

プチヴェール栽培(ルージュ・ホワイト)

栽培?
栽培?

カリフローレ栽培

スティックカリフラワー カルフローレ栽培について

(播種)
発芽適温は18〜25℃です。育苗を行う場所は、日当たり風通しの良い場所で行います。
高温時には遮光(50%程度)を行い、地上部の日焼けを避けるようにします。
発芽後の潅水で、子葉展開時の水分過多は、胚軸が伸び徒長の要因になるので注意します。

(育苗)
本葉3枚程度の根張りの良い節間の詰まった茎の太い苗に育てます。

(定植)
株間35cm 畝間60〜70cmで定植します。
乾燥条件では定植後にしっかり潅水して、初期生育を促し順調な活着を心がけます。

(肥料・農薬)
10aあたりN:P:K15:15:13Kgです。
元肥主体で、生育を見ながら追い肥を施します。
生育後半に窒素系の肥料で花蕾の品質が良くなります。
酸性条件下では、根こぶ病が発生しやすく、生育不良になりやすいです。
春〜秋はアオムシなどに注意します。初期被害にあうと株が大きくなりません。

ワケギ・アサツキの育て方

どちらも小型のネギで、株分けがどんどん進み、1株が20〜30本にもなり、3か月以上も収穫が楽しめます。

●植え付け時期 7月〜10月頃
●収穫時期    翌年3月〜4月
●植え付け場所 日当たり、水はけがよく、有機質に富んだ肥沃な土壌を選びます。

畑の準備
・植えつけ2週間前に苦土石灰をまき、よく耕します。(1?当たり1.5握り)
・植えつけ1週間前に元肥を入れ、平らにします。(1?当たり堆肥バケツ1/2、タケミバイオ)

植えつけ
・種球の外側の薄い皮をむき、2〜3球に分けます。
・種球は15〜20cm間隔で深さは葉先がわずかに地上に出るくらいで、地面に垂直になるように植えつけます。

追い肥
・10月下旬と1月中旬ごろにタケミバイオを株元にパラパラとまきます。

収穫
・高さが20cm位になったら、下のほうを4〜5cm残し鎌などで切って収穫します。
・また、新しい葉が伸びてきて同じように収穫します。

特徴
・ワケギはネギの代用として薬味に使ったり、春のワケギは和え物に美味しいものです。
・性質が強く、甘味の強いネギとして古くから愛されています。
・アサツキはネギやワケギより臭みが少なく、細かく刻んだ葉の繊細な美しさが特徴です。

アスパラガス栽培ポイント

植え付け
うね幅150cm、株間30cmに、草丈が30cmほどになったアスパラガスを株元約1cmほど埋まる程度に植え付けます。
誘引・追肥
 植え付け後、株が成長して茂ってきたら、支柱を立て苗が倒れないようにヒモで固定します。冬になると地上に出ている茎や葉が枯れてしまうので、枯れたら株元から刈り取ります。追肥は、様子をみながら毎月1回ずつ行い、追肥したら軽く土寄せをしましょう。
収穫
アスパラガスは、苗を植えつけてから1年目は収穫せずに株を大きくするため、2年目が収穫時期です。2年目の4月〜6月に新芽が20cmほど成長したら収穫します。
アスパラガスは、大きな株にすることで美味しくて太いアスパラガスを収穫することが出来ます。
栽培のポイント
アスパラガスは、1度植えてしまえばほとんど手間もかからずに8年ほど収穫することが出来ますが、種から育てると収穫までに3年ほどかかります。苗から育てる場合、種よりも1年ほど短く、2年ほどで収穫できますので、市販の苗を購入するのがおススメです。
 

ウコン栽培

植え付け

秋ウコンの植え付けは4〜5月ごろです。

霜が降りる心配がなくなったころに植え付けをはじめます。

ウコンは肥料を多く求めるので、有機質肥料を多めに用意します。

堆肥、緩行性化成肥料、油粕などを用意して、よく耕してから植え付けをします。
また、ウコンは日当たりがよく、保水力のある土を好みます。肥料を多めに与えるのはもちろんですが、できれば肥沃な畑を選んで植えつけるのがよいでしょう。

株と株のあいだは40〜50センチメートルほど空け、深さ7センチメートルくらいまで埋めます。
そして、上から5センチメートルほど土を盛っておきます。
畑がない場合は、プランターや発泡スチロールの箱などでも育てることができます。

日当たりのいいベランダに、肥料を多めに入れて植えつけましょう。

ウコンは乾燥に弱いので、生育期間中は水を切らさないようにします。

 

追肥〜開花

7月〜9月ごろからは、1ヶ月に1度、化成肥料を与えます。固形油のカスなどで構いません。

そして、8月から9月ごろになると、秋ウコンの白い花が咲きます。

葉の高さは1.2メートルほどと、かなり大きくなります。そして、この頃から根茎が大きくなり始めます。

 

収穫〜貯蔵

11月の上旬から下旬にかけて、収穫のシーズンです。葉が枯れたら根茎を掘りあげましょう。

根茎は、暖かい土地なら外に置いておいても冬を越すことができますが、寒冷地では地中深くに埋めておくか、10〜15度くらいの室内に貯蔵しておきます。

関東よりも西ならば、戸外で年を越せると言われています。
また、ポリ袋に入れて室内に入れておいてもかまいません。

翌年の4〜5月、霜が降りなくなった頃、また植え付けをします。

 

春ウコンの植え付け

春ウコンは、秋ウコンより若干早く植えつけられます。

3月ごろ植えつけられ、7〜8月の真夏のころに収穫の時期を迎えます。

もちろん真夏なので、水を切らさないように注意しなくてはなりません。

とにかく乾燥を嫌うので、真夏の日差しにヘタラないように、しっかり水をやるようにします。

植え付けの仕方などは秋ウコンと同じで、植えつけと収穫の時期が違うだけです。

 

紫ウコンの植え付け

紫ウコンは、秋ウコンと同じ、4〜6月ごろが植え付けに適しています。

これといって秋ウコンと違うところがあるわけではないので、一緒に育ててみるのもいいかもしれません。

春、秋、紫の3種類を植えておくと、一年中自家製ウコンを楽しむことができますね。

ニラの栽培ポイント

ニラの育て方

育て方のコツ

 

 連作障害は少ないですが、できれば1〜2年、あけた方が生育がよくなります。蕾がついたら開花前に切り取り、株を疲労させないようにします。収穫は、株元3〜4cmを残して刈り取りします。収穫後にはお礼肥を施し、葉の再生を促しましょう。さらに、冬越し前に堆肥をたっぷり施しておきます。

 

タネまき

 タネから育てるときは、3〜4月の春まきにします。9cmポリポットに培養土を入れ、表土の中央にペットボトルのキャップを押しつけて、深さ1cmのまき穴をつけます。そこへニラのタネを10〜15粒程度まき、土をかぶせてたっぷりと水やりします。発芽し、草丈5〜6cmに成長したら、小さいものを間引き、1ポットで7本の苗を残して育てます。ポットの土が乾いたら、たっぷりと水を与えましょう。追肥は1週間に1回、液体肥料を与えます。タネまきから80〜90日ほどで植えつけられるので、植えつけは6月下旬〜7月になります。

 

苗の植えつけ

購入した苗の植えつけ適期は、5月中旬〜6月中旬。ニラは日当りと水はけのよい場所を好みます。植えつけの2週間前までに、苦土石灰を1m2当たり100〜150gを畑全体に散布して、よく耕します。植えつけの1週間前、畝幅60cmをとって、畝の中央に深さ20cmの溝を掘り、1m2当たり堆肥2kgと粒状肥料を1m2当たり200gを施します。土を戻し、周囲から土を盛り上げて高さ10cmの平畝を立てます。株間30cmをとって移植ゴテなどで植え穴を掘り、ハス口をはずしたジョウロでたっぷり水を注ぎます。水が引いたら植え穴に苗を4〜5本まとめて据え、土をかぶせて株元を軽く手で押さえます。苗の植えつけ後にも、たっぷり水やりしましょう。

 なお、ニラを連作し、白絹病が多発している畑では、堆肥を多めに施し、同時に「石原フロンサイド粉剤」などの土壌殺菌剤を根元に処理することをおすすめします。

 

水やり

 

 乾燥が激しい場合、たっぷりと水やりします。

 

追肥・土寄せ

 

 まず植えつけの1カ月後、株元へ土寄せして、1週間ごとに液体肥料を追肥します。

 

冬越し

 

 12〜1月になって株が枯れてきたら、株元から刈り取ります。そこへ1m2当たり堆肥3〜4kgを株の上からかけて、冬越しさせます。

 

収穫

 植えつけの2カ月後から収穫できます。営利農家では、株を養生させるために1年目は収穫しませんが、家庭菜園では1年目から収穫してよいでしょう。

 収穫の方法は、株元から3〜4cmを残して刈り取ります。収穫後は追肥と土寄せしておくのを忘れずに。

有限会社大関種苗園
栃木県鹿沼市鳥居跡町1416
TEL.0289-62-3666
FAX.0289-62-4690
1.野菜の種、花の種、芝生の種、その他品種 販売
2.農薬、肥料、農業用資材、ビニール、ポリ袋 販売
3.野菜苗、草花苗、鉢花 販売
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休店日
  • 栽培講習会15:00~
TOPへ戻る