本文へ移動

草花栽培コーナー

チューリップ育て方

植え替え・植え付け
 

鉢植え 花壇植え

植え付けは冬の寒さが本格的にくる前、10月〜11月上旬が適しています。あまり遅いと充分に根が張れず生育に支障が出ます。浅く植えすぎると根が下に伸びていく力で球根が持ち上がり、地上にでてしまうことがあるので注意しましょう。

球根を植え付ける際は、球根の消毒剤などに15分ほどつけてから植え付けましょう。球根の消毒にはオーソサイドやベンレートなどを使用します。庭植えは球根2つ分、鉢植えは球根のあたまが地面から2cmくらいの深さに来るように植えます。また植え付けるときに球根の茶色い皮は簡単にはがれるようなら剥がしたほうが、病気などがあった場合すぐわかる。プランター植えの場合、ある程度詰めて(球根と球根の間のすき間がないくらい)植えた方がいっせいに咲いたときにかなりゴージャスです。

ふやし方
花が終わり、葉が枯れた後に掘りあげると小球が数個できています。それを1つずつばらして植えますが、大きいものから小さいものまでたくさんの球根ができます。親球と同じくらいの大きさに達しているものなら来年にも花が咲く可能性が大きいですが、小さいものなら花が咲くまで数年かかります。掘り上げた球根はネットに入れて風通しの良い日陰で貯蔵します。

かかりやすい病害虫
灰色かび病

まとめ 
生育期の極端な乾燥に気をつける
花後は子房の部分を折り取る
葉と花茎は自然に枯れるまで切らない

アルストロメリア育て方

タキイ ガーデンアルストロメリア インディアンサマー

苗の植え付け

苗の場合は、株が十分に育っているので、最も植え付けが簡単です。

鉢植えにする場合は、草丈の低いものであれば5〜6号鉢に1株、草丈の高いものであれば9号鉢に1株の割合で植え付けましょう。用土は球根を植えるとき同様水はけのよいものを用意し、球根に5cmほど覆土すれば大丈夫です。

庭植えの場合も球根の植え付けと同様に用土を準備し、深さ15cmほどのところに球根が来るように植え付けます。
 
水やり

鉢植えは、茎葉が生育している間は土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。その後、花が咲いたら乾かし気味に育て、茎葉が枯れてきて生育が鈍くなったら休眠期に入った合図なので水やりをストップします。このとき水を与えすぎてしまうと、根腐れを起こしてしまうので注意してください。地植えの場合は、水やりをする必要はほとんどありません。

肥料の与え方

元肥として緩効性の肥料を土に混ぜ込みます。その後、鉢植えの場合は春〜花が咲くまでは月に1回置き肥をするか、週に1回程度液体肥料を施します。花が咲いてから休眠期には、生育が鈍るので肥料を与える必要はありません。

日常管理のポイント

アルストロメリアは日当たりがいい温暖な気候を好み、暑さと多湿に弱い植物です。高温多湿の環境では、根腐れを起こしやすくなってしまいます。鉢植えは、基本的に日当たりのよい場所や明るい日陰で育てるようにし、真夏は涼しい場所に移動して管理しましょう。また、寒さには比較的強いですが、霜が降りると枯れてしまうので、冬場はベランダや室内に移動して育てるようにしてください。地植えの場合は、腐葉土などを株元に敷いて霜よけをするといいですよ。

剪定

アルストロメリアは、花が咲き終わった後に種をつけます。種がつくと、株の栄養が種にいってしまうので、球根が弱ってしまいます。そのため、花が枯れてしまった花茎は、抜き取ってしまいましょう。引っ張ると簡単に抜けますよ。また、地下茎が伸びて新しい球根を作るので、枯れたり古くなったりした茎葉は付け根から切り落としてしまいましょう。

 

アルストロメリアの植え替え方法と時期

アルストロメリアは、地下茎を伸ばして球根を作ります。地下茎が伸びると根が混んで目詰りを起こしてしまうので、鉢植えは毎年、地植えは2〜3年に1回植え替えを行います。作業は休眠期の9〜10月か3〜5月に行うのが安全です。球根を傷つけないように掘りあげ、用土を入れ替えて再度植え付けっていきましょう。このときに株分けをしてしまうといいですよ。

植え替えと同時に、株分けをします。まずは芽のついている地下茎を探し、切り分けていきましょう。このとき、球根は折れやすいので注意してください。また、アルストロメリアの球根には皮膚炎を起こす成分が含まれているので、直接手で触れないようにしましょう。

シクラメン育て方

●花柄摘み
花が枯れてきたら花茎の根元から摘み取り常に株をきれいにしておきましょう。葉も黄色く枯れてきたら同様に株元から摘み取ります。花がらをそのままにしておくと新しい花が咲いてこないので、花がら摘みはこまめに行いましょう

●葉組み
購入してから3〜4週間は葉と花のバランスがよいのですがだんだんと株の中心の葉が大きくなってきます。そうなると見た目のバランスが悪くなる上、小さなつぼみが葉の下に隠れて日光が当たらずに咲く前に枯れてしまうこともあります。中心の葉を外に引っ張っぱると、外側の葉に引っかかって株の中心部分にスペースができます。そうすると日光が株の中心まで当たり、小さなつぼみも生長し花が咲くようになります。この作業を葉組みといいます。月に1回行いましょう。

●夏越し
夏の暑さに弱く5月頃に葉が枯れて休眠状態になることが多いですが、寒冷地や涼しい場所に置いている株は休眠せずに夏を越します。夏越しの方法によって若干管理の方法が異なります。

・葉が枯れて休眠に入った場合
初夏に完全に葉が枯れて休眠に入った株は日光の当たらない風通しの場所で夏越しをさせます。休眠にはいったら9月に植え替えるまで一切水を与えません。自生地でも6月〜10月頃は雨が降らない高温乾燥期で葉が枯れて休眠にはいります。ですからこの夏越し法は自生地の生育サイクルに近い方法といえます。ただ、日本の夏は高温「多湿」なので球根が腐ることがありますが、それは仕方がないです。

・休眠に入らなかった場合 
一方、休眠にはいらなかった株は半日陰の涼しい場所で夏越しさせます。水やりは通常通り行い、肥料は薄めの液体肥料を月に1回施します。

●冬、開花株の管理
冬の適温は5〜10℃と以外と低温に耐えます。逆に気を付けたいのは高温です。暖房の入っている部屋に置いていると(具体的には日中25℃、夜間15℃以上)花茎や葉が伸びすぎて倒れてしまい、極端な場合は休眠してしまいます。花を長持ちさせるためには夜間は5℃〜10℃くらいが理想的です。また、花の咲く時期に日光不足になると、花色が悪くなり小さなつぼみが咲かずに枯れてしまうこともあります。できるだけよく日光に当てて育てましょう。シクラメンの葉は日光の当たる方向に向く性質があるのでいつも同じ場所においていると株が一方に片寄って見た目が悪くなってしまいます。一週間に1回くらいは鉢の向きを180℃回して日光の当たる場所を変えてあげましょう(この作業を鉢回しといいます)。

●水やり、肥料
鉢植えで市販されているものの多くは底面吸水鉢(鉢底の受け皿の部分に水を入れておくとスポンジなどが水を吸い上げるタイプのもの)に植えられています。受け皿に水がなくなったら水を足せばよいです。普通の鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら底から水が流れ出るくらいたっぷりと与えましょう。ただし葉や花に水がかかると傷むことがあるので、先の細いジョウロを使用するか、葉を手でよけて水を与えるようにします。
・底面給水鉢の注意点
底面吸水鉢でも1ヶ月に1回は底の受け皿をはずして鉢土の表面からたっぷりと水を与えましょう。これは土の中の老廃物や濃くなった肥料の成分を水といっしょに土の中から出すためで普通の鉢で水やりをしている分には水が底から抜けますが、底面吸水鉢のような排水されない鉢の場合は必要な作業です。
・肥料
肥料は9月〜翌5月まで2ヶ月に1回の割合で土の表面に化成肥料を施します。化成肥料の代わりに1週間に1回1000〜2000倍に薄めた液体肥料を与えても良いでしょう。底面吸水鉢の場合、液体肥料は鉢の底の受け皿に薄めたものを入れます

有限会社大関種苗園
栃木県鹿沼市鳥居跡町1416
TEL.0289-62-3666
FAX.0289-62-4690
1.野菜の種、花の種、芝生の種、その他品種 販売
2.農薬、肥料、農業用資材、ビニール、ポリ袋 販売
3.野菜苗、草花苗、鉢花 販売
2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休店日
  • 100円商店街
TOPへ戻る